神戸御影の写真館∥ダゲール写真場∥神戸での家族写真はプロの写真館にお任せ。

電話:078-821-0220
神戸御影の写真場|ダゲールのコンセプト神戸御影の写真場|ダゲールの季節の行事神戸御影の写真場|ダゲールの会社概要・店舗案内神戸御影の写真場|ダゲールのホームへ戻る

社名のダゲールとは、フランス人で写真を最初に発明した人物です。
初代、太田康之助が独立当時、懇意にしていただいておりました、
小磯良平画伯が名付け親です。

人生儀礼

人生の中で若い方の憧れの的、結婚。私どもは、結婚に関わるお写真、お二人の門出を飾る写真を専門に撮影しております。
お二人にとっては、人生に一度しかない大切な儀礼に関わっている関係上、写真の失敗はもとより、ハイセンスな
感覚で撮影しなければなりません。
写真の失敗を皆無にするために、特許法に基づく特許を7件取得し、無事故撮影を続けております。

ダゲールの経歴

昭和22年 太田康之介(初代)が、神戸元町4丁日でダゲール写真場を開業。
明治3年、市田写真館(市田左右太)が、元町3丁目で市田写真館を開業。
市田写真館は、関西でも、戦前まで広く知られており、2代目市田幸四郎の弟子として明治42年、太田康之介が入門し、総支配人を務めた後、昭和22年、独立開業しました。
独立当時は、婚礼写真とともに、川崎航空機株式会社、川崎重工業株式会社、三菱電機株式会社の各社の生産上必要な写真撮影に携わって参りましたが、工場の移転、景気の落ち込み等により、婚礼写真撮影専門店に転身いたしました。

本店以外の支店として、昭和38年湊川神社の婚礼写真撮影の指定をいただいたのを皮切りに、昭和39年大阪梅田新阪急ホテル、昭和40年川崎重工健康保険会館、昭和42年出雲大社殿、昭和45年舞子ビラ、昭和48年楠公会館、昭和50年神鉄会館、昭和55年パレス神戸、昭和56年ポートピアホテル、平成4年ホテル阪急インターナショナルの写真館のご指定いただき、平成21年8月 元町から御影に本店を移転。
平成22年4月 株式会社アイボリー設立。
ホテル阪急インターナショナル・新阪急ホテル・六甲山ホテル・ホテル日航茨木大阪から退店し、株式会社アイボリーに事業移管。
平成23年3月 ポートピアホテル退店。
本物をもとめ、価格ではない本質を追求し、御影の地でプロの写真館に。

店舗情報

TEL:078-821-0220

※小学生以下のご来店はご遠慮頂いております。
予めご了承下さい。